「全英オープンの記憶」〜2008年グレッグ・ノーマン


これまでノーマンの
メジャー優勝を逃したシーンを
どれだけ見てきただろうか。

前回のロイヤルバークデール
2008年全英オープンの最終日を
ノーマンは2打差のトップで迎えた。
最年長優勝がかかった53歳は
朝からイライラした雰囲気だった。
元女子プロテニスプレーヤーの
クリス・エバートと結婚した年で
応援に来ていた彼女とのシーンを
大勢のカメラマンに好奇の目で
追いかけられていた。

全英で最も難しいスタート3ホールを
ボギー、ボギー、ボギーとし
パドレイグ・ハリントンに追いつかれた。
後半に入ってもボギーは止まらず
終わってみると6打差の3位タイ。
悲劇のヒーローの背中をじっと追った。

ノーマンのような
アグレッシブなプレーヤーが
いなくなったのは本当に寂しい。