「風の向くまま」〜Golf Diplomacy


1921年、日英同盟存続か否かの
重要な転機を迎えた頃、
当時、駒沢にあった東京ゴルフ倶楽部で
昭和天皇と英国皇太子がゴルフをした。

のちに全く別々の人生を歩みはじめる
若き二人だが、世界の将来について
大いに語り合ったのだろう。
やがて戦争が始まり、昭和天皇は
好きだったゴルフを止められた。

時は巡り、2017年。
霞ヶ関カンツリー倶楽部で
安倍首相とトランプ米大統領に加え
松山英樹が一緒にゴルフを楽しんだ。

この日がどう語り継がれるか、
時間が経ってみないとわからない。
言葉は通じなくとも
同じ時間を共有することで
相手のことを知る。
ゴルフが教えてくれる帝王学、
きっと歴史が証明してくれるだろう。

霞ヶ関カンツリー倶楽部

霞ヶ関カンツリー倶楽部