My Sweet Masters~Again


セベに憧れてゴルフを始めた
セルヒオ・ガルシア。
いつかは自分も
マスターズで勝ちたい、
と思ってプロになった。

2017年マスターズの最終日は、
郷土スペインの英雄が生きていれば
60回目にあたる誕生日だった。
ガルシアの思いは痛いほど
ファインダー越しに伝わってきた。
気がつけばもう37歳、
メジャーで優勝争いする回数も
これから先は少なくなっていくだろう。
このチャンスは最後かもしれない。

勝負を決するバックナイン。
10番、11番とボギーが続き
ガルシアの夢はまたも潰えるのかと思ったが、
12番のティグランドで見た
その目はまだ光を失っていなかった。
そこから死闘が始まった。
メジャーで勝つ。
あの時セベと誓い合った約束。
14番からは見違えるような
ショットが続いた。
セベの燃えるようなプレーが
乗り移ったかのようだった。

あの日の二人の笑顔を思い出した。
2000年、プロ転向直後のガルシアを
嬉しそうに紹介してくれた時の一枚だ。
セベと同じ年の私は今年還暦を迎える。
旅を続けること、その喜びを
オーガスタでいま一度噛みしめている。

セベ・バレステロスのプロフィール
セルヒオ・ガルシアのプロフィール

「まだ跳べる」神童ガルシアがグリーンジャケットを羽織るまで(GDOニュース)
セベ、ホセ…メジャー制覇のガルシアがスペインの旗手を継承(欧州ツアー公式~GDO)