「全米オープンの記憶」1989年 ストレンジの連覇


戦後の全米オープンで
連覇を果たしたのは2人だけ。
ベン・ホーガンともう一人は
カーティス・ストレンジだ。
私の「全米」撮影は1988年から。
ストレンジの連覇目撃から始まった。

当時珍しいメタルドライバーを使用、
記憶では最初のメジャー優勝者だ。
どこまでもステディなプレーで
全米オープンの厳しいセッティングにも
フェアウエーをキープしていた。
写真は2連覇を達成した1989年大会だ。

翌90年のメダイナ、
3日目を「68」で回って首位と2打差に迫り、
ストレンジの3連覇達成に注目が集まった。
大記録を前に極度のプレッシャーもあり、
最終日は「75」。連覇は途絶えた。
この大会の後、ストレンジは
燃え尽き症候群に陥ったのか、
二度と優勝することなく消え去った。

連覇を達成したプレーヤーは
その後、現れていない。
全米オープンの連覇がいかに大記録か、
歴史が証明している。

2017年「全米オープン」特集 ~GDOニュース