「全米オープンの記憶」1990年 アーウィン最年長優勝


全米オープンの厳しさ
それを思い知らされたのが
1990年のメダイナだった。
最終日を首位と4打差の20位から出た
ヘイル・アーウィンが
最終ホールで14mのバーディパットをねじ込み
マイク・ドナルドとの翌日18ホールの
プレーオフに持ち込んだ。

当時はフィルムカメラで
レンズもオートフォーカスではなく
マニュアルだった。
そんな中、まさかの14mを決めたアーウィンは
18番にいるギャラリーに
ハイタッチして走り回った。
ご承知のようにフィルムは1本36枚が最大。
日本では想像もできないような展開に
必死でシャッターを押したのを思い出す。

翌日のプレーオフも15番終了時点では
ドナルドが2打リードしていたが
ビッグタイトル目前の18番で
4mのパーパットを外してエキストラホールに。
19ホール目でアーウィンにバーディを決められ
長い戦いに終止符を打たれた。

歓喜と落胆。
表彰式での対照的な2人のシーンが印象的だった。
アーウィンは全米オープン3度目の優勝で、
45歳での大会制覇は最年長記録となった。
この記録は今でも破られていない。

2017年「全米オープン」特集 ~GDOニュース