「風の向くまま」〜Superman


谷口徹が偉業を成し遂げた。
50歳でメジャー優勝。
これは公式試合の最年長優勝記録。
このオトコただ者ではない。

谷口とよく話をするようになったのは
メジャー大会で度々出くわすようになってからである。
彼は意外にもメジャーの出場回数は多い。
それも半端な数ではない。
マスターズ3回、全米オープン10回、全英オープン9回、全米プロ7回。
出たくても簡単には出ることができない4大メジャー。
このほとんどは予選落ちという結果だが
決してあきらめない。

「僕の球では無理ですワ」と
ロープ際の私に声をかける。
そんな谷口との会話は、隣県同士の訛りで
周りをヒヤヒヤさせるジャブの応酬になる。

しかし彼のメラメラと燃える闘志を知っている。
今回の偉業は日頃の努力と、
若手を周りに集めて
いつまでも負けたくないという
気持ちを絶やさない
自分への栄養ドリンクだ。
きっと谷口ならもっと驚くような記録を作るかもしれない。
彼はただ者ではないから。