「風の向くまま」〜It’s not too late


今回のフィル・ミケルソンの事件は
色々なことを考えさせられる。
ルール違反を知りながら
ペナルティ覚悟でボールを止めた行為。
これが許されるならば
ゴルフが成り立たなくなるかもしれない。

1921年ボビー・ジョーンズが
全英オープンに初挑戦した
セントアンドリュースでの逸話を思い起こす。
アウト「46」を叩き、インに入り10番でダボ。
迎えた11番はグリーン手前に
大きなバンカーがある有名なパー3。
バンカーからのショットを2度ミスし
ダブルボギーのパットを
打たないでボールを拾い上げた。
そしてスコアーカード破り捨て
棄権してしまった。
当然スコットランドでは批判の嵐。
その行為はジョーンズの試練となった。

5年後の26年全英オープン
ジョーンズは悲願の初制覇を果たした。
そして翌27年のセントアンドリュースでの
全英オープンも連覇。
30年にはついに歴史上初めて
年間グランドスラムを達成した。
時は流れ1958年、
脊椎の病気で車椅子姿となり
世界アマのキャプテンとして
再び聖地を訪れたジョーンズに
セントアンドリュース市は
名誉市民の称号を与えた。
ジョーンズは喜びの涙を浮かべ
「セントアンドリュースが私に
教えてくれたものは計り知れない。
あの時の経験がなければ私の成功はなかった」
と語ったという。

過ちをどのように次に繋げていくか。
フィルの今後のゴルフ人生を
見守っていきたい。

Shinnecock Hills Golf Club
ニューヨーク州ロングアイランド島

Shinnecock Hills Golf Club

「下に落ちるよりマシ」ミケルソンが前代未聞の故意で2罰打(GDOニュース)
「ルールを戦略的に使っただけ」ミケルソンの行動とUSGAの裁定に波紋(GDOニュース)
ミケルソンが“あの13番”でバンザイ(GDOニュース)