「コース巡礼」〜31.バンドン・デューンズ 6番ホール


1999年に完成したこのコースは
当初から一帯の壮大な青写真を掲げ
アメリカのゴルフ雑誌が
開場直後から大きく取り上げた。
私もすぐに行ってみたくなり
オレゴン州の片田舎を訪れたものだ。
計画通り、次々とコースを開場し
いまでは世界のゴルフ好きが憧れる
一大ゴルフリゾートに成長している。

久しぶりに訪問した。
その後オープンしたのは
パシフィック・デューンズ(2001:Tom Doak)
バンドン・トレイル(2005:Coore&Crenshaw)
オールド・マクドナルド(2010:Tom Doak)
バンドン・プリザーブ(2012:Coore&Crenshaw)
そして、
そしてシープ・ランチ(2020:Coore&Crenshaw)
の開場も間近だ。
どのコースも、手引きカートか
キャディを雇っての歩きでのプレーに限られる。

Scotsman David McLay Kiddが設計した
バンドン・デューンズはその名が示す通り、
海岸線の砂丘(Dune)を使い
どこまでもリンクスの本質を求めた。
コース周辺も
フェスキューやアザミといった
スコットランドをイメージさせるものであふれている。

ゴルフの面白さとは何か?
ここに来ればその答えが待っている。
すれ違うゴルファーの顔をみていると
このコースがいかにゴルフ好きの気持ちを
捉えているかがよくわかる。
ゴルフを愛してやまない者なら
ぜひ一度は訪れるべきだ。

Bandon Dunes
オレゴン州バンドン
6th hole 161yards par3

Bandon Dunes Golf Resort