「風の向くまま」〜Golden Bear


1月21日は
ジャック・ニクラス80歳の誕生日。
言わずと知れたゴルフ界の帝王、
世界最強のプロゴルファーだ。
私がゴルフの写真を撮っていて
一つ誇れることがある。
それは、ジャックの全てのメジャーの
最後のラウンドに立ち会えたことだ。

引退を表明した当時は65歳。
クラブの進化も手伝い
ドライバーは280ヤード以上、
7番アイアンでも150ヤード以上飛んでいた。
それは現役時代と全く変わらないものだった。
何が彼に引退を決意させたのか。
それはパットだった。

4フィートのパットは入っても
15フィートが全く決められなくなった。
理由はわからない。
ただ言えることはメジャーでは戦えないということ。
真に強いチャンピオンは、みんな例外なく
絶対に入れなくてはいけないパットを必ず決めた。
全盛時代の彼がまさにそうだった。

2005年7月15日。
最後の日がやってきた。
「全英オープン」セントアンドリュース18番ホール。
上から8フィートのバーディパット。
思い通りのスライスラインを描き
ボールはカップへと消えた。
全てのプレッシャーから解き放された瞬間だ。
左手を高々と上げて拍手に応えた。
最後のラウンドがセントアンドリュース。
そして、バーディフィニッシュで「72」。
カメラを持つ手が震えていた。
知らずして涙が頬をつたった。
この場所、この瞬間。
ジャックの80歳の誕生日に
もう一度あの記憶を手繰り寄せてみよう。

St Andrews Old Course
スコットランド セントアンドリュース

St Andrews Old Course