「風の向くまま」〜California Dreamin’


いよいよ来週リビエラで
招待試合に格上げになった
「ジェネシス招待」が始まる。
パーマー、ジャックに続き
タイガーの功績が認められた形だ。

タイガーがこのリビエラを
自身の招待試合に選んだ理由は
16歳のアマチュアの時
初めてPGAツアーに出場した
思い出深い試合だからだ。
このリビエラCCは実は
日本人の渡邊昇さんがオーナー。
1989年にこのリビエラを取得
92年にアマチュアとして招待された
タイガーと出会うことになる。

前年「全米ジュニアアマ」を制し
話題になっていた。
その後のタイガーの活躍は言うまでもない。
その頃は日本人オーナーが
世界各地にゴルフ場を取得していたが
渡邊さんだけは頑として手放さなかった。
コースに愛情を注ぎ込むことによって
メンバーからの信頼を勝ち取ったのだ。

この試合が今後
どのような歴史を作って行くのか。
地元のロサンゼルスで
お互いがゴルフの夢を語り
大きな絵を描いていく。
California Dreamin’

<関連記事>ウッズのホスト大会「ジェネシスオープン」が2020年に“格上げ”(GDO)

Riviera Country Club
リビエラカントリークラブ

リビエラカントリークラブ