「風の向くまま」〜Aim for the top


オリンピックが始まった。
少し霞ヶ関CCの歴史を遡ってみよう。
1929年、米国でゴルフを学び帰国した
藤田欽哉がこの土地に惚れ込み
まず18ホールのルートプランを考えた。
そして赤星四郎、井上信、
清水揚之助、石井光次郎の
四人それぞれが数ホールの設計を担当、
今でも珍しい設計スタイルだが
それがまた良い味わいを出していた。

翌30年にC.H.アリソンが
東京GC朝霞Cの設計のため来日、
霞ヶ関CCはアリソンに改造を依頼した。
アリソンは10番ホールの佇まいに感動し、
のちに「アリソンバンカー」として有名になる
大きなバンカーをグリーン手前に作った。

アリソンの設計では
バンカーばかりが注目されるが
もうひとつの特徴はドライブ&チップだ。
距離の短いパー4をどのように攻略するかを
プレーヤーが試されるホール。
今回はオリンピックに向けて
ファジオ親子が改造したが
大会の大詰めとなる17番ホールは
まさしくドライブ&チップのホールだ。
ティマーク次第では
ワンオンも選択肢に入る面白いホール。
金メダルを目指して
選手がどのように攻略するかが楽しみだ。

<関連記事>日本初のメダル獲得なるか? 松山英樹、星野陸也が東京五輪に挑む(GDO)

霞ヶ関カンツリー倶楽部

霞ヶ関カンツリー倶楽部