「風の向くまま」〜ふるさとを念う


さまざまな想いが
心を駆け巡る。
歯を食いしばりながらの
プレーが続く上田桃子。

熊本で避難所生活している
家族の事が気がかりなのは
言うまでもない。
「スポーツ選手に出来る事は
スポーツしかない」
熊本へ届くようなプレーをしたい。

プレーが終わった後も
いつも一番遅くまで練習をしている。
いつのまにか陽が沈み
練習場は一気に寒くなった。

上田桃子