「風の向くまま」〜NO GOLF, NO LIFE

オリンピックが終了し、僕には
多様性という言葉が心に残った。
“ゴルフの多様性”とはなんだろう。
ゴルフにはルールとともに
マナーの存在がある。
それはゴルフというそのものの
大事なエッセンスになっている。 “「風の向くまま」〜NO GOLF, NO LIFE” の続きを読む

「風の向くまま」〜Aim for the top

オリンピックが始まった。
少し霞ヶ関CCの歴史を遡ってみよう。
1929年、米国でゴルフを学び帰国した
藤田欽哉がこの土地に惚れ込み
まず18ホールのルートプランを考えた。
そして赤星四郎、井上信、
清水揚之助、石井光次郎の
四人それぞれが数ホールの設計を担当、
今でも珍しい設計スタイルだが
それがまた良い味わいを出していた。 “「風の向くまま」〜Aim for the top” の続きを読む