「風の向くまま」〜Aim for the top

オリンピックが始まった。
少し霞ヶ関CCの歴史を遡ってみよう。
1929年、米国でゴルフを学び帰国した
藤田欽哉がこの土地に惚れ込み
まず18ホールのルートプランを考えた。
そして赤星四郎、井上信、
清水揚之助、石井光次郎の
四人それぞれが数ホールの設計を担当、
今でも珍しい設計スタイルだが
それがまた良い味わいを出していた。 “「風の向くまま」〜Aim for the top”の続きを読む

「風の向くまま」〜The House of The Rising Sun

昨年中止となった全英オープンが
今週Royal St.George’sで開催される。
全英オープンといえばスコットランドの
激しい天候をイメージするだろうが
このイングランドを代表する
セントジョージズも、ひとたび風が吹くと
手がつけられないほど厄介なコースだ。 “「風の向くまま」〜The House of The Rising Sun”の続きを読む

「風の向くまま」〜My Fathers Eyes

2008年「全米オープン」最終日
トップのロッコ・メディエイトは
1打差ですでにホールアウトしていた。
タイガー・ウッズはこの最終ホール
少なくともバーディか
3日目のようにイーグルを
決めなければいけなかった。 “「風の向くまま」〜My Fathers Eyes”の続きを読む

「風の向くまま」〜Dream a Little Dream of Me

これまで男子メジャーは随分行ったが
女子メジャーにもよく行った。
中でも全米女子オープンは24回。
最初に行った1987年大会で
岡本綾子が2位だったこともあり
ぜひ優勝の瞬間を見たい思いから
その後も小林浩美、福嶋晃子、
宮里藍、宮里美香を追いかけた。 “「風の向くまま」〜Dream a Little Dream of Me”の続きを読む