「風の向くまま」~Dream of Naomi


大坂なおみがついに
テニスで日本人最初の
メジャーチャンプになった。
ゴルフでは1977年全米女子プロに
樋口久子が勝った。
だが男子では今一歩のところで
栄冠に届いていない(編注)。
 ・<関連リンク>宮本卓×三田村昌鳳 ゴルフ昔ばなし対談「樋口久子」

中学生の時「ナオミの夢」という
曲が大流行した。
ヘドバとダビデという
イスラエル人のデュエットで
A面日本語B面ヘブライ語で歌った。
片言の日本語がとても新鮮で
みんなが口ずさんだ。
“ナオミ”は旧約聖書にも登場する
欧米ではポピュラーな女性の名前で、
“幸せ”や“和み”を意味するヘブライ語だ。
「ナオミの夢」まさしく正夢となった。

大坂は今回「我慢」の成長を強調し
大きな勝因に挙げていた。
世界の強者が集まり、
頂上を目指す中では
思い通りにいかない壁が立ちはだかる。
松山英樹が今まさに戦っている壁だ。
昨シーズン、頂上に手の届くところまできた
と思えたが難関に行き当たった。

最後の大きな壁を乗り越える手がかりが、
「我慢」というキーワード
心のコントロールかもしれない。
「ヒデキの夢」を正夢とするために、
言葉をひとつ呑み込み、
空を見上げて笑顔で通り過ごそう。
夢はきっと叶う。

(編注)シニアツアーでは2013年「全米プロシニア選手権」で井戸木鴻樹が日本人男性として初のメジャー制覇を果たしています。

松山英樹の5年連続最終戦進出はどれくらいすごいのか?