「風の向くまま」〜Miracle Shot


ワイアラエCCの夕方
撮影も兼ねて食事前に9ホール
青木さんとラウンドした。
「なんかあの時と
今日はピンポジが似てるなー」
記憶を辿るラウンドになった。

1983年のハワイアンオープン最終日
1打差を追った最終18番(パー5)で
青木さんは劇的なイーグルを決めて、
日本人初の米ツアー優勝を果たした。
あの一打の場所を覚えているだろうか?
「この辺だったかな」と
残り128ydの左ラフにボールを転がしてくれた。

ピンはバンカーの上に
立っているように見える。
「風は軽いアゲインスト。
あの時キャディーは
9番アイアンを勧めたんだよ」
でも青木さんは直感でピッチングウェッジを抜いたのだ。
「ボールを上げられるだけ上げて
ピンの真上から落としてやる。
止めるにはそれしかないと思っただけ。
優勝した翌年も同じ位置から打ったけど
全然届かなかったよ」

わがままを言って再現をリクエストした。
「久しぶりにここから打つな」
そう言いながら、すでに目は真剣だ。
36年を経て
側らのヤシは大きく育っていた。
いつもよりしっかり頭を残して
クラブを振り抜いた。
ボールはピンにかぶるように飛んでいった。

「卓、いまのクラブとボールは飛ぶわぁ」
グリーンに向かって歩き始めた後ろ姿、
きっと青木さんの耳には
あの時の声援が響き渡っているはずだ。

<2019年ソニーオープンinハワイ>松山英樹が19年初戦 アマの金谷拓実は米ツアーデビュー

Waialae Country Club
ハワイ州ホノルル

4997 Kahala Ave Honolulu, HI 96816 U.S.A.