「風の向くまま」~A Life Story


今年の全英女子オープンは
ロンドン北部のウォーバーンGCで
開催される。
このコースでの開催は11回目。
歴史を辿ると、
栄えある最初の開催で優勝したのは
岡本綾子だ。

欧州ツアーと米LPGAの共催だった
1984年大会。
米国に主戦場を移して4年目の岡本は、
その年すでに4勝を挙げて、
スポンサーに日立がついた同大会へ
乗り込んだ。
岡本にとって初めてのイギリスでの試合。
強い風、凍える寒さで
ライバルのアメリカ勢がスコアを崩す中、
ただ一人アンダーパーで回り
2位に11ストローク差をつけて優勝した。
そして、
この年は賞金女王争いにも加わった。

米LPGAの歴史を辿れば辿るほど
岡本綾子の凄さを再認識させられる。
そんな彼女が欲してやまなかったのが
メジャータイトルだ。
幾度となく優勝争いはしてきたが
その夢は叶わなかった。
そう、
女子の「全英」がメジャーに昇格したのは
2001年のことだった。

運命と言えばそれまでだが、
世界に誇る素晴らしいプレーヤーだったことは間違いない。

2019年 AIG全英女子オープン(8/1~4)
「全英女子」賞金総額が大幅アップ 40%増の450万ドルで開催(GDOニュース)

Woburn Golf Club
イギリス ミルトン・ケインズ

Woburn Golf Club