My Sweet Masters 5


97年プロ入り後最初のマスターズで
タイガーは9打差で最終日を迎えた。
1番ティーオフ前、
突然目を瞑り下をむいた。
いつものルーティーンではない。

今しがたスタート前の父親のアールの言葉を想い出し、
75年黒人ゴルファーとして初めてマスターズ出場した
リー・エルダーとのハグの気持ちを憶った。

この場に立ち会える。
ファインダーを覗きながら考えた。
今日1日でゴルフの歴史が変わる--。

そして歴史は動いた。
Sunday, April 13, 1997

タイガー・ウッズ