「コース巡礼」8.ファイアーストーンCCサウスコース 18番ホール


今なお語り継がれるショットのひとつ。
2000年NECインビテーショナルで
タイガーの暗闇で放った一打は外せない。
モンスターコースとして名高い、
ファイアーストーンCCがその舞台だった。

その年全米オープン、全英オープン、全米プロと勝ち、
その翌週におこなわれた試合。
絶好調のタイガー・ウッズは、
2日目コースレコードにならぶ「61」(パー70)。
9打差で迎えた最終日、
霧雨の影響もあって夕闇の訪れは早かった。
うす暗くなるコースの中でもスコアを伸ばし続ける。

そして、18番の2打目。
タイガーのベストショットとも言われる放物線は、
闇を切り裂いてピンそばにピタリと止まった。
誰もがモンスターコースと恐れるなか、
最後のバーディで
トーナメントレコード「259」を記録。
未だに破られてはいない。
あの鳥肌がたったショット、
忘れる事はないだろう。

Firestone Country Club(South)
オハイオ州アクロン
18th hole 464yards Par4

ファイアーストーン・カントリー・クラブ

T.ウッズ「61」 松山英樹「次元が違う」
ウッズが愛してやまない相性抜群の3コース